1. HOME
  2. ブログ
  3. 生命保険金の非課税

生命保険金の非課税

被相続人が生命保険に加入していた場合、
保険会社から支払われる保険金に対し非課税枠を適用することが出来ます。

非課税の金額は、『生命保険の非課税枠=500万円×相続人の数』を限度となっており、
実際に支払われた生命保険金を相続税の計算から差し引くことが出来ます。

例えば、相続人が1名の場合、非課税枠は500万円、相続人が4人の場合は2,000万円となり、2,000万円の限度額を超えた金額に課税されます。

なお、生命保険の契約形態によっては、非課税枠適用外の場合があります。

よって契約者、被保険者、受取人はしっかり把握する必要があります。

生命保険の様でも、調べてみたら非課税枠の適用がない名義保険だったということもあります。

この非課税の制度は相続税の節税に活用されることも多いですが、
場合によっては、適用が受けられないケースも考えられますので、
まずは現在加入している保険の内容を確認してみましょう。

事業承継相続サポートチーム

★☆お問合せはこちら☆★
中小企業の成長支援に特化した経営支援グループ
スズカ税理士法人/経営パートナー会計事務所
札幌市中央区北2条西2-34フージャース札幌ビル
011-205-0921

札幌の税理士顧問はこちら
札幌の会社設立はこちら
札幌の相続税申告はこちら

関連記事