1. HOME
  2. ブログ
  3. ATMと私

ATMと私

先月高齢の父親にスーパーで買い物と年金をおろして欲しいとたのまれ

実家近くの建物も老朽化したスーパー内で買い物をして1台しかないATMで父の年金を引き出しをしました。

1台しかない「ATM」皆さん想像してください・・・

ご高齢者の方々並んでるんです私の前に3人程・・・・・1人目普通に引き出しちょっとだけ長い

・・・・・2人目何やら戸惑っている、本人も固まった

ボクは頭の中で「まじか~やめてよ~はやくしてよ~」そのうち2人目の高齢者の方が後ろの3人目の高齢者に振込のやり方を聞いている

ボクは頭の中で「おいおい高齢者が高齢者に聞いて判るの?」そのうち2人目は何とか目的を達成!

ボクは頭の中で「やれば出来るじゃん!!」 そのうち3人目の高齢者は普通に終わる

よし!ボクの番!!カードを入れ暗証番号入力 金額も入力 まつまつまつ ATM「暗証番号が違います」表示

また、やり直す ATM「暗証番号違います」・・・ひぇ~暗証番号忘れた・・・・そのままATMの前で携帯から実家の父親に電話

「あっ!おれおれ暗証番号忘れた!!」まるで本当のおれおれ詐欺みたい(ある意味本物)

おかげ様で私の後ろに誰も並ばず無事父親のお金をおろしました あっ~よかった

 

 

関連記事