1. HOME
  2. ブログ
  3. 第1回パパキャン

第1回パパキャン

こんにちは、立藤です。
7月5日から1泊でスズカパートナーズグループのパパキャンが開催されました。
パパキャンとは、「パパとこどものキャンプ企画」で
・子どもは必ず1名以上連れてくること
・ママは参加不可
という条件のもと開催されるキャンプです。

記念すべき第1回目のパパキャンは、社員(パパ)6人とその子どもたち8人が参加し、新篠津で行いました。

パパキャンの目的は、
・かっこいいパパの姿を見せること
・こども同士の交流を深める
・ママにゆっくり静養してもらう
です。

結論から言うと、この目的はすべて達成され、非常に楽しいキャンプでした。

実は私はキャンプ経験がなく、パパキャンの目的である「パパのかっこいい姿を見せること」は絶対に達成できないと思っていました。
しかし、そんな私をみかねてか社長はワンタッチテントを貸してくれます。名前の通りワンタッチでテントを張ることができるのですが、私がテントを張った後もほかの家族は(ちゃんとした)テントを立てている途中です。
この光景を見た私の子どもは、自分のパパが一番早くテントを立てたとおもい、「おとうちゃんスゲェ」と大興奮。社長の機転により、かっこいい姿をみせるという目的が、思わぬところで達成されました。
ただ、ワンタッチテントは日よけ用で風通しが非常によく、夜は寒くて凍え死ぬかと思いました(ほぼ野宿状態)。

子ども同士もすぐに仲良くなり、みんな昔からの友達のように遊んでいました。
なかには、パパキャンに参加している子どもとの交流の枠を超え、見知らぬ家庭の子どもが乗っていたブランコに乗り、「漕いであげる」と言って勢いよく漕いであげていました。
仕事においても時にはこのような積極性が必要かもしれないと考えさせられました(二人乗りされた子どもは若干戸惑っていましたが・・・)。
また、パパキャンの日にはママが飲みに行っているという家庭もあり、日ごろの子育ての疲れを癒しリフレッシュできているようで、「ママにゆっくり静養してもらう」という目的も達成できたと思います。

それと、一緒に働く人の子どもと会うことで、非常に親近感が湧き、コミュニケーションも増え、今後仕事をするうえでプラスの影響がでてくるのではないかと感じています。
最近では、社員旅行や家族を含めた会社の行事が少なくなっています。
面倒くさがりの私も、そういった行事は反対派でしたが、少しだけ考えが変わったパパキャンでした。

関連記事