1. HOME
  2. ブログ
  3. 相続について

相続について

紅葉日々に増す十月 お元気でお過ごしでしょうか

いつもお世話になっております経営支援チームの永洞です

10月といえばハローウィンがありますね!

ハローウィンの年々市場規模が拡大し続け、クリスマスの約6,740億円には満たないものの、約1,345億円もの規模に拡大しているそうです。

由来は諸説ありますが、ケルト人にとって年の終わりが10月末でしたがその時期になるとご先祖様とともに悪い霊も帰って来ると考えられていました。その悪い霊を追い払うためにお菓子を与えたりかぼちゃで魔除けをしたのが始まりのようです。

ハローウィンの伝統や文化を色々知っていくことによってハローウィンパーティーがより楽しいものになるかもしれませんね!

さて、私たちスズカパートナーズグループは8月にスズカ社会保険労務士法人が、9月にはJIC保険アドバイザーズが創設され、特に最近では経営支援や創業支援のみならず様々なごご相談いただくことが多くなりました。

皆様からいただくご相談の中でも相続に関するご相談は近年多くなってきていると感じております。

相続対策の代表的な方法としては、生命保険の活用や小規模宅地等の特例、自社株の評価引き下げ、資産管理会社の設立、相続時精算課税制度など様々な方法があります。

しかしこれらには対象範囲や対象者などの細かい規定もありますし、遺産分割対策、節税対策、納税対策のどこかを重視するあまり、他の面で重大な問題が生じてしまう可能性もあります。

誰かに相談するまでもないが心配であるという方も多いかと思います。

弊社では、初回無料相談を行っておりますので少しでも不安なことがあればご相談いただければと思います。

 

 

 

 

関連記事