1. HOME
  2. ブログ
  3. 娘の発表会

娘の発表会

ピアノ

先日、5歳の娘のピアノ発表会がありました。
誰に似たのか破天荒な娘が、柄にも無くピアノを習いたいと言ったのが1年前。
日頃お世話になっている方のご好意で、素敵な年代物のピアノを譲っていただき、レッスンの日々が始まりました。
飽きっぽい質なので、直ぐに辞めるなんて言うんじゃないかと思ってましたが、
生活の一部にピアノが溶け込み、みるみる上達していきました。

そうして、迎えた発表会当日。
リハーサルがある為、娘と妻を先に車で送り、息子と私は何処かで時間を潰すつもりでした。
二人を送った後、何故か私がどうしようもない緊張に襲われてしまい、運転もままならないぐらいに。
どうにか会場に辿り着いても、ソワソワしっぱなし。
自慢じゃないですが、私はあまり緊張しない質なんです。初体験のこの気持ち、どうしよう。

そんな時、娘の番が来て____。

娘が多少緊張しながらも堂々と弾く姿を見て、胸が熱くなりました。

個人的には、終わった直後、私達を探すわけでも無く、
レッスン仲間の小学生の女の子とお互いに笑顔でガッツポーズしていたのが一番グッと来ました。

ピアノに限らず習い事は、ひとりひとりが自身の課題に向きあう、ある意味孤独な時間が多いかもしれません。
その中でも仲間として連帯感を持って励ましあう姿を見て、
「あぁ、またひとつ成長したね」
嬉しいような寂しいような、そんな気持ちになりました。

関連記事