1. HOME
  2. ブログ
  3. 夏休みの日記②

夏休みの日記②

8月の頭に飛騨高山で出会った方です。

じっくり見てると可愛くなってきませんか?なってきますよね?ね?ね!?

「夏休みの日記①」の続きです。名古屋で味噌カツを食べていた私ですが・・・

名古屋から岐阜に出て、高山線をマッタリ普通列車で行きました。

北海道育ちだと、とりあえず瓦屋根見ると本州感を感じると思うのですが(あと、竹林もポイント高い)、内陸走るローカル線乗ると見られる、道や畑に唐突に現れるお地蔵さんとか小さな鳥居も北海道だとあまり見なくて新鮮。ずーっと昔から、ここでは同じような暮らしが、小さな信仰を大事にしながら営まれていたのね・・・とか勝手に想像して勝手にホッコリしてました。

 

高山まで何をしに行ったのかというと、飛騨牛が食べたかったのですが、ステーキは高い!ということで、牛串で手を打ちました。駅の近くに「さんまち」という昔の町並みを楽しめる一角がありまして、そこで色々食べ歩きが出来るのです。

blog

写真は牛串、飛騨牛のにぎり(とろける!)、みたらし団子です。他にも飛騨牛コロッケやら「まるっぽみかん(小さな冷凍みかん)」やら、色々美味しそうなものが!・・・全部食べました、美味しかったです。みたらし団子ってトロっと甘いのかと思ったら、パリっと醤油味で香ばしい。

夏休み中の観光シーズンということもあり、18時くらいでもなんとかお腹を満たすことが出来ましたが、普段は16~17時には閉まってしまうお店もあるようなので、早めにブラブラするのがおススメです。

高山といえば、世界遺産・白川郷・・・はバスで片道2,500円くらいかかるということでパスです。翌朝にはサッサと出発です。今後もロクに観光もせずに食べるかJRに乗り続ける旅ですが、もしよろしければ「夏休みの日記③」もお付き合いくださいませ・・・

 

関連記事