会社設立後の手続きについて

法人の銀行口座の開設

設立登記完了後は、まず銀行口座の開設を行います。開設に必要なものは各金融機関によって異なりますが一般的には下記の資料を持参することになります。

  • 会社の登記簿謄本
  • 会社の印鑑証明書
  • 会社の代表印または銀行印
  • 法人設立届出書

税務署等への設立届け

当社で設立手続きをした場合に提出する届出書は下記のとおりです。会社の謄本が出来上がってから1~2日程度で電子送信手続きを完了し、クリアファイルにセットしてお客さまに納品いたします。
シンプルプラン(設立のみ)での設立の場合は、任意オプションとして手数料1万円(税別)で承っております。

  • 電子申告利用開始届
  • 法人設立届出書(謄本と定款を添付して提出します)
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

創業融資の申し込み

会社謄本が出来上がりましたら、融資の申し込みが行えます。
当社では事業計画書の作成サポートやどのくらいの資金が必要かのシミュレーションなど、創業融資のトータルサポートを行っております。

労働保険の手続き

従業員を雇用した場合は、下記の手続きが必要になります。
当社窓口でご依頼いただく場合は、基本料金3万円~(税別)で承っております。

  • 管轄の労働基準監督署にて、労働保険の設置手続きおよび労働保険料の概算申告
  • 管轄のハローワークにて、雇用保険の適用事業所設置届、雇用保険の被保険者資格取得届

社会保険の手続き

法人の場合は社会保険が強制加入のため、下記の手続きが必要になります。
当社窓口でご依頼いただく場合は、基本料金3万円~(税別)で承っております。

  • 管轄の年金事務所にて、社会保険の新規適用届、被保険者資格取得届