スズカ会社設立サポートセンター

Kaisyaseturitu Support Senter

会社設立に関すること
お気軽にお問い合わせください

  • 初回無料相談受付中

    会社設立に関すること、ご来社いただき初回1時間無料で受付中です。

  • リーズナブルにすばやく設立

    専任の設立担当が早期の設立希望にもしっかり対応いたします。

  • 設立後もしっかりフォロー

    設立手続きだけではない、設立後も安心の充実した経営支援プランをご用意しています。

<設立担当よりコメント>
当社では毎月多数の設立相談を承っております。個人事業者から法人化を検討されている方、会社勤めで脱サラして独立される方など、会社設立のメリット・デメリットのアドバイスをさせていただいております。
当社では初回相談無料で受付しており、会社設立に関すること全般や法人化による税金メリットの簡易試算、設立手続きをお受けする場合や設立後の経営支援サービスの見積書のご提示もその場でいたしますので、電話・メールフォームよりぜひお気軽にお問い合わせください!
〔お電話でのお問い合わせ〕営業時間:平日10時~17時 011-205-0921

会社設立に関するWEBからのお問い合わせはこちら


相談担当紹介

手続担当紹介

会社設立に関するサービスのご案内

スズカ会社設立センター札幌は、税理士事務所と行政書士事務所が運営し、司法書士事務所や社会保険労務士事務所と業務提携をしていますので、設立後も会社経営のサポートを受けたい創業者の皆さまから安心してご依頼いただいております。

  • 会社設立前のサポート

    個人事業からの法人化シミュレーション
    新規開業!個人か法人かのシミュレーション
    事業計画の作成サポート
    融資の申請サポート
    助成金・補助金の診断

  • 会社設立手続きサポート

    株式会社の設立手続き
    合同会社の設立手続き
    医療法人の設立手続き
    その他法人の設立手続き

  • 会社設立後のサポート

    設立届出書の作成・提出
    税理士顧問による税務会計サポート
    クラウド会計ソフトの導入サポート
    経理代行サポート(記帳代行・給与代行等)
    役員報酬の適正額シミュレーション
    社会保険・労働保険の加入手続き
    許認可の取得サポート

会社設立前のサポート

個人事業からの法人化

[個人事業者が法人化を考える主な理由]
  • 売上高が1000万円を超えて消費税を納めることになった。
  • 取引先から法人じゃないと取引ができないと言われた
  • 利益が多く出て税金の負担が大きくなった。

個人事業の方々が法人化を考える理由はさまざまありますが、当社に相談に来られる中で最も多いのは「利益が多く出て税金の負担が大きくなった。」という個人事業者の方です。税金だけで考えますと、年間利益がおおむね500万円(当社の目安)を超えてくると節税メリットが出てくる可能性が高いです。また、売上高が1000万円を超えた場合は、原則その2年後に消費税を納めることになりますので、その前に法人化して個人事業では消費税を納めずに、さらに2年間消費税を免除するという方法も良く利用されます。

[法人化した場合のメリット]

  • 節税の幅が広がる。(生命保険を法人契約にして経費計上する etc…)
  • 社会的な信用が高まる。
  • 法人組織にすることで良い人材が確保できる可能性が高くなる。

[法人化した場合のデメリット]

  • 赤字でも税金がかかる。(札幌市だと最低7万円)
  • 社会保険の加入義務がある。
  • 個人事業と比べて経理事務処理が増える。
[法人化シミュレーションに必要な資料]

当社では現在の個人事業における財務内容をもとに、法人化した場合のシミュレーション(個人と法人それぞれの税額がどのくらいになるか)を無料相談にて実施しております。ご相談の際には下記の資料をご持参ください。

  • 最新2年分の所得税確定申告書(決算書も含みます)
  • 最新月の試算表(貸借対照表・損益計算書) ※ある場合で構いません。

新規開業!個人事業か会社設立かのシミュレーション

[新規に開業される方のお悩みや不安]
  • 個人開業か会社設立かどちらが自分にとって良いかわからない・・。
  • 融資を受けたいけど個人事業でも受けられるものなの?
  • 個人事業と法人とはどのくら税金が違うの?

脱サラをして起業したいという方や副業で事業を始める方など、個人事業で始めるかそれとも会社を設立して始めるかのご相談に来られる方も多いです。ゼロからのスタートになりますので、なるべくコストを抑えてじっくり経営されたい方は、個人事業でスタートして事業が軌道に乗ってきたところで法人化をするというのが王道かと思います。スタート段階である程度のビジネスモデルが出来ているのであれば、会社設立からスタートすることも検討したほうが良いでしょう。

当社では起業を検討されている方の無料相談を実施しております。ご来社は平日の9時から17時までの受付となっておりますが、平日夜間や土曜日も事前のご予約で対応しておりますので、気軽にお問い合わせください。

事業計画の作成サポート・融資の申請サポート

当社では起業に際して融資を申込みされる方の無料相談を実施しております。融資の種類はさまざまありますが、当社が最も多く申請のお手伝いをしているのは、日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」という特別融資です。これは認定支援機関の所見やアドバイスが必須となり、利率も通常よりも優遇されています。当社は認定支援機関の登録をしていますのでご安心ください。この「中小企業経営力強化資金」は専用の事業計画書の書式がありますので、その記入の仕方や事業計画の全般の助言、数値化のサポートをヒアリングしながらすすめていきます。

[事業計画の作成・融資の申請に必要な資料]
[最近の融資事例]

・就労支援業 400万円/・飲食業 新規店舗資金 500万円/・運送業 設備資金 800万円/・デザイン業 創業資金 200万円/・警備業 運転資金 300万円/・営業代行業 創業資金 200万円/・車両整備業 創業資金 300万円/・製造業 創業資金 500万円/・飲食業 創業資金 600万円

株式会社設立手続きサポート

株式会社を設立する場合の主な流れです。株式会社設立にかかる期間の目安としては、1~2週間程度です。

 手続きの流れ  当社が行う手続き  お客様が行う手続き
 1.お問い合わせ
WEBフォーム、電話にてお問い合わせ
 2.事前相談
[商号調査] 登記情報システムで検索 [ご来社1回目]
当社所定のチェックシート記入
 3.各種手配
・印鑑証明書を取得(発起人・役員)
・会社の代表印鑑を発注(角印・銀行印は不要です)
・設立費用の支払い(前金制)
 4.書類作成・押印
定款作成 [ご来社2回目]
定款に押印(個人の実印)
 5.認証手続き
[公証人役場] 定款の電子認証
6.資本金預入・押印
登記資料一式作成 資本金を個人通帳へ預入(または振込)
[ご来社3回目]
すべての書類の押印(個人の実印、会社の代表印)
7.登記申請
[法務局] 設立登記資料の申請
8.設立完了 [法務局] 謄本・印鑑証明書の取得
[税務署等] 設立届けの作成・提出
[ご来社4回目]
設立ファイルのお渡し(謄本・印鑑証明書・設立資料)
[銀行] 会社の預金口座を開設

株式会社の設立料金

ご自身で紙申請 シンプル PLAN スタンダード PLAN
¥241,120/計 ¥246,480/計 ¥203,280/計(割引後)
ご自身で紙申請される場合は、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。 会社設立の手続きのみをご依頼の方(設立後の経営支援なし) 会社設立後の経営支援プランもご依頼の方
定款認証等  51,120円
収入印紙   40,000円
登録免許税  150,000円
設立手数料  0円
設立費用計  241,120円
謄本印鑑証明 別途
定款認証等  51,120円
収入印紙   0円
登録免許税  150,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立費用計  246,480円
オプション  10,800円(設立届)
定款認証等  51,120円
収入印紙   0円
登録免許税  150,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円 
設立届    10,800円
設立後割引  ▲54,000円
設立費用計  203,280円
ご自身で紙申請 ¥241,120/計 ご自身で紙申請される場合は、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。 定款認証等  51,120円
収入印紙   40,000円
登録免許税  150,000円
設立手数料  0円
設立費用計  241,120円
謄本印鑑証明 別途
シンプル PLAN ¥246,480/計 会社設立の手続きのみをご依頼の方(設立後の経営支援なし) 定款認証等  51,120円
収入印紙   0円
登録免許税  150,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立費用計  246,480円
オプション  10,800円(設立届)
スタンダード PLAN ¥203,280/計(割引後) 会社設立後の経営支援プランもご依頼の方 定款認証等  51,120円
収入印紙   0円
登録免許税  150,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円 
設立届    10,800円
設立後割引  ▲54,000円
設立費用計  203,280円
[株式会社設立料金に関する補足事項]
  • 上記設立費用は、申請内容によって多少金額が異なる場合があります。
  • スタンダードプランの割引は、顧問料から6か月間均等に差引させていただきます。
  • 税務署等への設立届の作成提出は任意オプションで10,800円となっております。(スタンダードプランの場合は全額割引させていただきます。)
  • 登録免許税は資本金の0.7%とされていますが、その額が15万円未満の場合には15万円となります。
  • 現物出資をされる場合は、上記に加えて別途、税別1万円の手数料がかかります。
  • 上記のほか、登記申請に必要な会社印鑑の購入費用がかかります。
  • 登記後に金融機関の口座開設や税務署への届出で使用する、会社謄本・会社印鑑証明書の取得費用がかかります。
  • 上記には消費税が含まれています。
[株式会社設立・それぞれの料金が違いは?]

まず、ご自身で申請される場合はほとんどが紙での申請となり、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。ご自身で電子認証しようとしますと、専用のソフトやカードリーダーを用意する必要があり、そのコストがかかるため紙での申請に比べてほとんどメリットがありません。その点、電子認証を行える専門業者に依頼すると、ほとんどは電子認証を行いますのでその収入印紙代4万円がかからないことになります。

[株式会社設立を司法書士・行政書士に依頼する場合のメリット・デメリット]
司法書士は登記の専門業者のため、定款の作成から法務局への登記申請まですべて行えるため、安心してお任せできるという印象があります。行政書士の場合は、定款の電子認証までは行えますが、その後の法務局への登記申請は提携の司法書士に依頼していますので、割と設立費用が高い印象があります。
会社設立後の経営のサポートについては、提携の税理士を紹介されるケース、記帳代行を行政書士で受注して決算申告を提携の税理士に依頼するケースなどありますが、いずれも費用がかかりますのでこの会社設立の段階では今後いくらかかるのかが不透明なケースが多く見受けられます。

[株式会社設立を当社に依頼する場合のメリット・デメリット]
スタンダードプランの場合ご自身で手続きされるより「4万円」もお得です!起業をされる皆さまのほとんどは、会社設立をすることが目的ではなく、設立後に事業を軌道に乗せ、事業を継続・成長させていくことが目的かと思います。そのためには、なるべく本業に集中しながらも、その経営状態・財務状況についてもしっかりと把握・分析していかなければなりません。当社では、そうした設立後のサポートを万全に行うべく、設立にかかる費用を最小限に抑えて、本業に集中していただくためにさまざまな顧問のプランをご用意しており、決算に向けたシミュレーション、成長戦略のお手伝いをしっかりサポートさせていただいております。
とりあえず設立だけという方や事業に前向きではない方、ビジネスモデルがしっかりとできていない方については設立手続きのみの「シンプルプラン」をお選びください。その後の決算申告のみのサポートもお受けしております。

株式会社設立に関するよくある質問集はこちら

合同会社設立手続きサポート

合同会社を設立する場合の主な流れです。合同会社設立にかかる期間の目安としては、1週間程度です。

 手続きの流れ  当社が行う手続き  お客様が行う手続き
 1.お問い合わせ
WEBフォーム、電話にてお問い合わせ
 2.事前相談
[商号調査] 登記情報システムで検索 [ご来社1回目]
当社所定のチェックシート記入
 3.各種手配
・印鑑証明書を取得(発起人・役員)
・会社の代表印鑑を発注(角印・銀行印は不要です)
・設立費用の支払い(前金制)
・資本金を個人通帳へ預入(または振込)
 4.書類作成・押印
定款・登記資料一式作成 [ご来社2回目]
すべての書類の押印(個人の実印、会社の代表印)
5.登記申請
[法務局] 設立登記資料の申請
6.設立完了 [法務局] 謄本・印鑑証明書の取得
[税務署等] 設立届けの作成・提出
[ご来社3回目]
設立ファイルのお渡し(謄本・印鑑証明書・設立資料)
[銀行] 会社の預金口座を開設

合同会社の設立料金

ご自身で紙申請 シンプル PLAN スタンダード PLAN
¥100,000/計 ¥105,360/計 ¥62,160/計
ご自身で紙申請される場合は、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。 会社設立の手続きのみをご依頼の方(設立後の経営支援なし) 会社設立後の経営支援プランもご依頼の方
収入印紙   40,000円
登録免許税  60,000円
設立手数料  0円
設立費用計  100,000円
謄本印鑑証明 別途
収入印紙   0円
登録免許税  60,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立費用計  105,360円
オプション  10,800円(設立届)
収入印紙   0円
登録免許税  60,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立届    10,800円
設立後割引  ▲54,000円
設立費用計  62,160円
ご自身で紙申請 ¥100,000/計 ご自身で紙申請される場合は、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。 収入印紙   40,000円
登録免許税  60,000円
設立手数料  0円
設立費用計  100,000円
謄本印鑑証明 別途
シンプル PLAN ¥105,360/計 会社設立の手続きのみをご依頼の方(設立後の経営支援なし) 収入印紙   0円
登録免許税  60,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立費用計  105,360円
オプション  10,800円(設立届)
スタンダード PLAN ¥62,160/計 会社設立後の経営支援プランもご依頼の方 収入印紙   0円
登録免許税  60,000円
設立手数料  43,200円
謄本印鑑証明 2,160円
設立届    10,800円
設立後割引  ▲54,000円
設立費用計  62,160円
[合同会社設立に関する補足事項]
  • 上記設立費用は、申請内容によって多少金額が異なる場合があります。
  • スタンダードプランの割引は、顧問料から6か月間均等に差引させていただきます。
  • 税務署等への設立届の作成提出は任意オプションで10,800円となっております。(スタンダードプランの場合は全額割引させていただきます。)
  • 登録免許税は資本金の0.7%とされていますが、その額が6万円未満の場合には6万円となります。
  • 現物出資をされる場合は、上記に加えて別途、税別1万円の手数料がかかります。
  • 上記のほか、登記申請に必要な会社印鑑の購入費用がかかります。
  • 登記後に金融機関の口座開設や税務署への届出で使用する、会社謄本・会社印鑑証明書の取得費用がかかります。
  • 上記には消費税が含まれています。
[合同会社設立・それぞれの料金が違いは?]

まず、ご自身で申請される場合はほとんどが紙での申請となり、電子認証と比べて収入印紙が4万円かかってきます。ご自身で電子認証しようとしますと、専用のソフトやカードリーダーを用意する必要があり、そのコストがかかるため紙での申請に比べてほとんどメリットがありません。その点、電子認証を行える専門業者に依頼すると、ほとんどは電子認証を行いますのでその収入印紙代4万円がかからないことになります。

[合同会社設立を司法書士・行政書士に依頼する場合のメリット・デメリット]
司法書士は登記の専門業者のため、定款の作成から法務局への登記申請まですべて行えるため、安心してお任せできるという印象があります。行政書士の場合は、定款の電子認証までは行えますが、その後の法務局への登記申請は提携の司法書士に依頼していますので、割と設立費用が高い印象があります。
会社設立後の経営のサポートについては、提携の税理士を紹介されるケース、記帳代行を行政書士で受注して決算申告を提携の税理士に依頼するケースなどありますが、いずれも費用がかかりますのでこの会社設立の段階では今後いくらかかるのかが不透明なケースが多く見受けられます。

[合同会社設立を当社に依頼する場合のメリット・デメリット]
スタンダードプランの場合ご自身で手続きされるより「4万円」もお得です!起業をされる皆さまのほとんどは、会社設立をすることが目的ではなく、設立後に事業を軌道に乗せ、事業を継続・成長させていくことが目的かと思います。そのためには、なるべく本業に集中しながらも、その経営状態・財務状況についてもしっかりと把握・分析していかなければなりません。当社では、そうした設立後のサポートを万全に行うべく、設立にかかる費用を最小限に抑えて、本業に集中していただくためにさまざまな顧問のプランをご用意しており、決算に向けたシミュレーション、成長戦略のお手伝いをしっかりサポートさせていただいております。
とりあえず設立だけという方や事業に前向きではない方、ビジネスモデルがしっかりとできていない方については設立手続きのみの「シンプルプラン」をお選びください。その後の決算申告のみのサポートもお受けしております。

合同会社設立に関するよくある質問集はこちら

会社設立に際して検討しておくこと
(株式会社の場合)

 会社の商号 例)〇〇株式会社、株式会社〇〇など。使える文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字、アラビア数字です。使える記号は「&」「’」「,」「-」「.」「・」です。
 本店所在地 本店所在地は登記簿謄本に記載されます。ビル名や〇〇号室などは省略可能です。
 役員 役員は1名だけでもOKです。
役員の任期は1年から最長10年まで決められます。任期が完了するたびに、法務局へ重任等の登記が必要になりますので、10年にされる方が圧倒的に多いです。
 決算・事業年度 会社の決算月は自由に決められます。一般に多いのは年度区切りの3月末決算、年区切りの12月決算などですが、決算月から2か月以内にある納税や会社の資金繰りに合わせた決算月を決めるのがベストです。
最初の事業年度は、設立日から決算月まで、そのあとは決算月の翌月から1年となるのが通常です。
資本金 資本金は1円からでもOKです。ただし、資本金は当面の運転資金等を考慮して設定することをお薦めします。登記簿謄本にも資本金は記載されますので、対外的な部分も考慮する必要があります。
定款の目的 会社が行う事業を定款に記載します。すぐ開始する事業だけではなく、将来的に行う予定の事業も自由に記載できます。会社で許可ととったり、登録をしたりする際には、この定款の目的に記載がないと再度登記しなおすことになりますのでご留意ください。
事業計画の策定 会社の運営していく上で、短中期的な事業計画を作成することは必須です。何の根拠や目標もない場合は、まずこの事業計画から考えることをお薦めします。エクセルシートの事業計画書をご提供いたします。
会社設立後のこと 第1期の役員報酬の設定、社員雇用の有無、社会保険・労働保険の加入、借入金等の資金調達、助成金の申請、ホームページの設置、会社案内パンフレットの作成、名刺の作成、など事前に検討しておくべきことは多数あります。

株式会社と合同会社の比較表

項目 株式会社 合同会社
省略表示 (株)  カ) (同)  ド)
役員 1人~ 1人~
資本金 1円~ 1円~
設立費用 実費202,000円 実費60,000円
設立手続きのスピード 7日~10日(当社標準) 3日~7日(当社標準)
代表の名称 代表取締役 代表社員(業務執行社員)
決算公告の義務 あり(官報、新聞、ホームページなど) なし
議決権 株式の比率に応じて決まるので、株式が多いほど支配できる 原則、一人一票(過半数の同意で決める)
対外的な認知度 高い 低い
役員の任期 最長で10年(任期満了のたびに登記が必要=費用がかかる) 任期は自由に決められる(登記の必要なし=費用がかからない)
責任体制 有限責任 有限責任
所有と経営 会社の所有と経営は分離(所有者=株主、経営者=社長) 会社の所有と経営は一体(出資者=経営者)
利益配当 出資比率に応じて配当 配分を自由に決められる
向いている事業・業種 事業拡大を予定している、会社名を全面に出して営業する、など とりあえず会社を作りたい、会社名を出さなくても商売ができる(不動産賃貸、飲食店、美容室、WEB事業など)、共同事業をする、副業で会社を作りたい、など

会社設立の対応可能エリア

札幌市中央区・札幌市北区・札幌市南区・札幌市東区・札幌市西区・札幌市清田区・札幌市厚別区・札幌市手稲区・札幌市白石区・札幌市豊平区・北広島市・石狩市・江別市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・小樽市・その他札幌市近郊
※札幌以外の地域における設立手続きについては別途費用がかかる場合があります。

<設立担当よりコメント>
当社では毎月多数の設立相談を承っております。個人事業者から法人化を検討されている方、会社勤めで脱サラして独立される方など、会社設立のメリット・デメリットのアドバイスをさせていただいております。
当社では初回相談無料で受付しており、会社設立に関すること全般や法人化による税金メリットの簡易試算、設立手続きをお受けする場合や設立後の経営支援サービスの見積書のご提示もその場でいたしますので、電話・メールフォームより気軽にお問い合わせください!
〔お電話でのお問い合わせ〕営業時間:平日10時~17時 011-205-0921

会社設立に関するWEBからのお問い合わせはこちら


相談担当紹介

手続担当紹介